季刊旅行人05夏号

完売しました
季刊第5号
2005《夏号》No.148
定価980円(税込価格1058円)

「夏号」(7月25日発売)の特集は
シベリア鉄道
ウラジオストクからモスクワまで、
ユーラシア大陸を横断する
世界最長9300kmの列車旅行へ!
購入する
購入方法を読む
執筆◆蔵前仁一

 極東アジアからヨーロッパ・ロシアまで、広大なシベリアを駆け抜けるシベリア鉄道の旅。1904年に完成したこの壮大な鉄道の建設には、13年余の時間 と、巨額の費用と、人々の汗と命が注ぎ込まれ、そしてそれは旅人たちの憧れを乗せて走り続けた。一つの路線で9000kmを超える鉄道は世界中にここしか なく、一気に乗ると6泊7日かかるというロングランの列車旅行になる。
 そのシベリア鉄道全線に乗って、旅の一部始終をご紹介しようというのが今回の特集である。ウラジオストクからモスクワまで、大河、森林、草原が続く長い鉄道の旅を、読者にお楽しみいただければ幸いである。
シベリア鉄道への出港
富山から船に乗って

ウラジオストクの
冷たい風に吹かれて

ロシア入国

シベリア鉄道で出発!
ウラジオストクからハバロフスクへ

ハバロフスクの小休止
赤いレンガの街並みを歩く
再び列車に乗り込んで
東シベリアの永久凍土帯をひた走る

シベリアのパリ、イルクーツク
シベリア鉄道のほぼ中間点に到達する

バイカル号に乗って
イルクーツクから西シベリアへ

ウラル山脈を越えて
シベリアを離れてヨーロッパ・ロシアへ

「世界の車窓から」スタッフに聞く

シベリア鉄道の魅力と取材裏話

1967年のシベリア鉄道の旅
その果てにエル・ドラドをめざしたころ 高木暢夫
東シベリアの集落
●連載「旅するようにできている」特別編
 届けシベリアの大地◆小川京子


●読み切りエッセイ

 「ビルマロード」世界初完全踏破の裏側
 テレビの理不尽
 ◆高野秀行

●ベストセラーの旅行人的読み方
 村上龍『半島を出よ』を
 軍事的に読
 ◆加藤健二郎(軍事ジャーナリスト)

ウラジオストク
●連載
 燐寸ラベル覗見帖(2)驚きの乗り物編
 加藤 豊

●書評
 前川健一

●連載
コンパス綺譚(5)番外篇 青島のふたり
 グレゴリ青山
スタプロン・パシフィカ(4)太平洋上の中台抗争
 おがわかずよし
散りやまぬ桜の下で
 田中真知

バックナンバー一覧に戻る
〒178-0063 東京都練馬区東大泉3-3-10 きのえビル501
TEL.03-5933-2771/FAX.03-5933-2778