季刊旅行人06秋号No.153)のお知らせ

2006《秋号》No.153
定価980円(税込価格1058円)

「秋号」(10月25日発売)の特集は

アンダーグラウンド
地下世界への旅

 人はなぜ地下へ潜ろうとするのだろうか。暗く冷たい地の底へ、人間は入り込み、暮らし、最後はそこで眠る。そこが安全で永遠の場所であるかのように。
 世界中に無数の人工的な地下が存在する。地下鉄、水道、あるいは秘密のシェルターとして人々は地下施設を建設し続けてきた。また、灼熱の太陽から逃れるために住居を構え、冬の風から身を守るために地下に寝床をつくった。
 今回の特集では、そういった世界中のさまざまな地下施設、地下住居を訪ねてみたい。いったい人々は何故地下へ潜っていったのか?

旅行人で買う
Amazonで買う
購入方法を読む
首都圏外郭放水路

大谷石採石場跡
Photo column
首都圏の地下神殿……埼玉県・首都圏外郭放水路
廃墟と化した地下情報センター……ドイツ・ベルリン
巨大地下採石場……栃木県・大谷石採石場跡
豪華な装飾の地下シェルター……ロシア・モスクワ
ジャン・バルジャンがさまよったパリ地下水道……フランス・パリ
岩の教会……フィンランド・ヘルシンキ
冬暖夏涼の地下住居ヤオトン……中国・黄土高原
地下に潜んだ連合艦隊司令部……神奈川県・日吉
神聖な井戸……インド・グジャラート

キャドバン村(イラン)

マトマタ(チュニジア)
地中に暮らす人々小松義夫
 砂漠の下で暮らす人々……チュニジア・マトマタ
 岩塩の中で1日過ごす……ルーマニア・プライド
 岩山の下の住む人々……メキシコ・タラウマラ
 オパール鉱山の中に住む人々……オーストラリア・クーバーピディ
 アンダルシアの酷暑を避けて……スペイン・グアディクス
 断崖絶壁の家々……イタリア・マテーラ
 ここにも岩をくり抜いた家があった……イタリア・マッサフラ
 谷間の砂礫岩の中に住む人々……イラン・キャドバン
 奇岩の洞窟に住む人々……トルコ・カッパドキア

ロンドン、テムズ河底地下トンネル建設当時の様子
ロンドン地下世界を歩く大森実樹
ベルリン、ドアの向こう側の過去杉江真理子
パリ下水道博物館前原愛美
パリ・アンダーグラウンド田中真知
中国の地下住居ヤオトン渡邊義孝
地下世界をめぐる幻想譜田中真知
連合艦隊司令部がが潜む地下壕蔵前仁一
秘密のモスクワ地下鉄蔵前仁一
青蔵鉄道

●夢のチベット鉄道特別レポート
青蔵鉄道乗車記◆長岡洋幸
●読切エッセイ
六〇年の詐欺◆高野秀行
●連載
ニコライ・レーリヒのシャンバラ◆田中真知
コンパス奇譚◆グレゴリ青山
前川健一が読む今季の本◆前川健一


今年も旅行人カレンダーを定期購読読者にプレゼント
2007版旅行人カレンダー
WINDOWS

今年のカレンダーは「ウインドウズ」です。パソコンのOSではありません。世界各地の窓の風景を1年間のカレンダーに添えました。どうぞお楽しみ下さい。

※特集記事の一部に年号の誤りがありました。混乱を避けるために、サイトにて再掲載しています。お詫びして訂正させていただきます。

バックナンバー一覧に戻る

〒178-0063 東京都練馬区東大泉3-3-10 きのえビル501
TEL.03-5933-2771/FAX.03-5933-2778