旅行人158号(08下期号)のお知らせ

2008《下期号》No.158
定価1000円(税込価格1080円)

「158号」(2008年年6月1日発売)の特集は

グアテマラ徹底ガイド
チキンバスに乗ってグアテマラを旅する

旅行人で買う
Amazonで買う
購入方法を読む
アジアを旅した旅行者がグアテマラを訪れると、きっと軽い既視感に襲われるだろう。
 ここには以前、来たことがあるような気がする。
 アジアと大きく離れた中米で、安宿に泊まり、屋台で食事をし、混雑した乗り合いバスに乗って旅をする。耳に入ってくる言葉は異なるけれど、それはアジアの光景とあまりにもよく似ている。物価もそれほど高くはない。
 もしかしたら、だからここには旅行者が多いのだろうか。グアテマラを旅していると、欧米人だけでなく、日本人旅行者の姿も数多く見られる。最近、僕が旅したなかでこれほど多くの旅行者を見かけた国はない。
  マヤ文化のティカル遺跡、ウイピルを着た先住民の暮らす山岳地帯と定期市、カリブ系黒人の住むリビングストン、そして美しい火山が湖面に映えるアティトラ ン湖と、グアテマラの見どころはつきない。今号の本誌では、編集長の蔵前仁一がグアテマラ全土を旅し、富永省三さんの地図を多数掲載して、グアテマラのす べてを徹底ガイドしたい。

チキンバス

チチカステナンゴ

グアテマラをチキンバスに乗って

グアテマラ紀行1 先住民の住む村々へ
グアテマラ紀行2 マヤ遺跡への旅
文と写真蔵前仁一 写真小川京子 地図富永省三


サンティアゴ・アティトラン

セマナサンタの儀式に参加する子どもたち
グアテマラシティ危険情報前原利行

マヤの歴史と文化田中真知

政争と内戦に苦しんだ美しきマヤの国 グアテマラ近現代史上野清士

【コラム】
・グアテマラの民族衣装 小林グレイ愛子
・グアテマラの音楽 マリンバからプンタまで 羽熊広太
・グアテマラの民間信仰 サン・シモンにお願い 片岡恭子
・グアテマラ交通事情 五十嵐哲雄
・グアテマラのコーヒー 青西靖夫
・グアテマラの食 トウモロコシの人間 羽熊広太


ティカル遺跡 V号神殿

ノース・アクロポリス


キリグア遺跡(左・獣形神P/右・ステラJ)


マケドニア
●読切紀行
マケドニア紀行 バルカンの地の塩
渡邉義孝

●読切紀行
本とコーヒーと路上の快楽
バンコク経由マレーシア&ラオスの旅
前川健一

●連載 旅するようにできている(14)
スーテの上のわたしがほしいもの
小川京子

●連載 アジアにこぼれた涙(2)
ダルフールからやってきた兄と妹
石井光太

●連載
モロッコのラヴェル 
田中真知


サンフランシスコ・エル・アルト

バックナンバー一覧に戻る

〒178-0063 東京都練馬区東大泉3-3-10 きのえビル501
TEL.03-5933-2771/FAX.03-5933-2778