Home > 単行本 > グ印亜細亜商會 立ち読み


グレゴリ青山
グ印亜細亜商會

定価:本体価格1500円+税
(税込価格1620円)














解説
旅行人の本
季刊『旅行人』


購入画面へ
購入方法




*道楽の亜細亜

     アジアというところは、行ったら行ったで楽しいし、戻ってから、行った国を望遠鏡で眺め返してみることも、また楽しいです。逆に、アジアに行って日本というアジアの国を眺め返すのも、また面白いです。そんな亜細亜のひそかな道楽世界へと貴方をご案内いたします。

*歌声の亜細亜

 
 世界には歌のない国などどこにもない、と考えると、その知らない歌の無限の数に呆然となってしまいます。言葉の違いを越えて、異国の人間を虜にしてしまう歌声。国境を越えて歌になってしまう都市。越境する知られざる亜細亜の歌声の世界へと、貴方をご案内いたします。

*映画の亜細亜

 
 旅の途中と映画館の暗闇の中の時間は、日常の時間とは少しズレている感じがします。ただでさえ時間のズレた旅の途中に、映画館の暗闇に入れば、二重三重にズレた奇妙な時間が味わえます。そんな日常の外にある亜細亜の時間へと、貴方をご案内いたします。

*幻町の亜細亜

     幻町という言葉は、中井英夫のエッセイの中で見つけました。失われた時間の中にある町ほど、魅力的な場所はありません。陽光が似合う町の画家と、月光が似合う町の画家。時代に翻弄された、二人の画家がいた亜細亜の幻町へと、貴方をご案内いたします。