中国の思う壺(上巻・下巻)

¥1,512 (税込) 本体バリエーション価格:¥1,400

各巻 定価:本体価格1400円+税(税込1512円)
かつて、これ程まで中国に打ちのめされ、中国に振り回されたにもかかわらず、中国にどっぷりとのめり込んだ漫画家がいただろうか?
1984年、文化大革命の余韻が残る中国を旅し、理解不能な人民たちに打ちのめされ、逃げるように中国を離れた小田空。
しかし、小田と中国の関係はそれだけでは終わらなかった。
「中国が私を愛してくれるまで……」、と思ったかどうかは定かでないが、旅行者として再度の訪中、留学生としての訪中、日本語教師としての訪中と、「中国迷」(中国マニア)としての度合いを加速していくのであった。

小田ファン、中国ファンはもちろん、これから中国留学を考えている人、既に留学してきた人、日本語教師を目指している人なんかにも読んで欲しい本です。
ちなみに3ページ文章があって1ページ漫画が入るという感じ(だいたいね)のイラストエッセイ本です。『中国いかがですか?』(集英社)のような、全編漫画本ではありません。

解除
商品コード: chaina-tubo-【A】【B】 商品カテゴリー: , , 商品タグ: ,

説明

小田 空 (おだ・そら)

定価:本体価格1400円+税
(税込価格1512円)

2001年7月11日発売

1984年広州駅前で呆然となる著者

【 目次から 】

(上巻)

第一章 頼むから何とかしてくれ 9

* 旅のはじまり 10

* 一九八四年・中国第一印象 13

* 好奇心の餌食 18

* 頼むから何とかしてくれ 25

* なぜ降りてくる人を待たない 32

* 反省会 38

第二章 神や仏はあるものか 45

* 困った時の神だのみ 46

* 広州のカテドラル 51

* シーおばさん 59

* 公安 66

* 窓ガラスを叩く手 72

* 宗教の不自由 78

* 神や仏はいるものか? 91

* 聖誕節 102

第三章 思いあまって留学生活 115

* ウェルカムプロブレム 116

* そして授業が始まった 123

* 中古自転車市 134

* 障害物競走かい 139

* 故障 146

* 中国人大学生 152

* ギョウカ 156

* 集中合宿 162

* 中国の思う壺 170

【 目次から 】

(下巻)

第四章 日本語教師は乱気流にのって 7

* 白羽の矢 8

* いざ、革命の聖地へ 13

* いまどきの北京 15

* またしてもウェルカムプロブレム 20

* 怪電話 28

* 教室をよこさんかい!! 33

* 黒板をよこさんかい!! 38

* 中級クラス 42

* ブラックホール 47

第五章 ただいま、子供達! 57

* 気がつけば延安人 58

* ただいま、子供達! 69

* 日本鬼子 81

第六章 いとしの底なし壺 89

* 延安のいちばん長かった日 90

* 延安、大発展 100

* もはや中国人? 108

* 学食カルチャーショック 115

第七章 老百姓に祝福あれ 125

* 人民と老百姓 126

* 延安、老百姓的故事 128

* ローさんの溜め息 139

* 腐敗分子 148

* がんばれ正しい共産党員 154

* 延安再見!! 162

追加情報

大きさ 295 mm

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

より良い商品の紹介 …

Pin It on Pinterest

Share This