旅行人146号イエメン完全保存版 (一時復活本)

¥1,078 (税込) 本体価格:¥980

◎季刊旅行人第3号の特集はイエメンです。イエメン全土を徹底ガイド。どのガイドブックより詳しく、どの雑誌より美しい写真で、イエメン全土を詳細にガイドします。

執筆◆佐藤 寛
写真◆小松義夫
  山部美穂子

中を読むのに支障はありませんが、表紙・裏表紙にキズがあり、日焼けしているものもあります。また多少ゆがみが出ているものもありますので、それをご承知おきのうえお買い求めください。


 

在庫切れ

全面リニューアル第3号!

2005《冬号》No.146
2005年1月25日発売

イエメン。この名前から、あなたは何を連想するだろうか。アラビア半島の砂漠に横たわるその国は、5000年の歴史を持つ古い国だ。シバの女王がその地を 治め、ペルシャからの真珠、中国の絹、そして南アラビア産の乳香が取り引きされて栄えた時代に、そこは羨望のまなざしで、人々から「幸福のアラビア」と呼 ばれた。
今もイエメンには「アラビアン・ナイト」の世界が色濃く残っている。ベールで隠された女性、半月刀ジャンビーアを着けた男、スパイスの香りが漂う市 (スーク)、そして、「世界最古の街」と呼ばれる首都サナアには、数百年の時をそのまま封じ込めたような高層建築物が林立している。また、北部の山岳地帯 には城塞都市が築かれ、南部の砂漠地帯には「砂漠の摩天楼」と呼ばれるシバームが見る者を圧倒する。
今号の旅行人は、そういったイエメンのすべてをご案内したい。砂漠の国イエメンからの風を感じていただければと思う。
サナアびっくり箱

北へ向かって アラビア部族民の住むところ

南へ向かって 緑のアラビア

東へ向かって 砂の中の文明マーリブ

西へ向かって 山岳部族の城塞へ

アジアとアフリカのブレンド ティハーマ

穏やかなアジアのフレーバー ハドラマウト

インド洋の忘れ物 ソコトラ

イエメンのキーワード
カート・曜日市・市壁とスーク・イスラム社会のルール・銀製品と工芸品

イエメンの歴史

●巻末旅行情報
イエメン

サナア旧市街の女性を守る四枚の皮膚──ベール・摩天楼・街区
世界遺産の窓に這う電線──サナア旧市街における新しいものと古いもの  ◆田尻敦子
モカ・マタリコーヒーのナゾ ◆森光宗男
イエメンの塔状住宅 ◆吉田正二
自らを律する刀──サナア・アデン・マーリブの服装 ◆田尻敦子
アメリカ先住民ものがたり◆塩浦信太郎
新境地の漫画に挑む、グレゴリ青山読み切り6ページ「コンパス奇譚」
太平洋ソロモンからの通信おがわかずよし「それいけ!スーパーソロモンズ」
田中真知「中国筆談旅行」
●蔵前仁一「インドで民芸品を買う」

Pin It on Pinterest

Share This