旅行人157号グジャラート (一時復活本)

¥1,100 (税込) 本体価格:¥1,000

中を読むのに支障はありませんが、表紙・裏表紙にキズがあり、日焼けしているものもあります。また多少ゆがみが出ているものもありますので、それをご承知おきのうえお買い求めください。代引きゆうメールはご利用いただけません。

インド、さらにその奥へ

グジャラートといっても、これまでインドを旅したことのない方には、あまりなじみのない地名だろう。インドを旅したことがあっても、グジャラートまで来た ことのある人は、それほど多くはない。その北のラージャスターンはガイドブックでも手厚く紹介され、数多くの旅行者が訪れる有名観光地だが、その先にある グジャラートとなると、旅行者の数はぐっと少なくなる。いや、ほとんどいないといってもいい。インドの宣伝に使われるポスターやパンフレットにも、グジャ ラートが登場することは滅多にない。
そんなマイナーなところを、あえて旅して、その様子を読者に紹介したいと思う。有名観光地でないインドとはどういうところなのか。外国人観光客のいないインドが、われわれ日本人旅行者をどう迎えてくれるのか。そして、グジャラートってほんとにおもしろいの?

在庫切れ

2008上期号》No.157
2007年年12月1日発売

ドワールカーナート寺院

ティーン・ダルワザ

グジャラートを旅する 蔵前仁一

アーメダバードに降り立つ
モダン建築の聖地アーメダバード
先住民のペインティングを探して
グジャラートの街々をバスでめぐる
カッチ地方の村をめぐる
再びアーメダバード

カッチ地方の手工芸

ラバーリー女性のミラー刺繍と羊毛ショール

上羽陽子

コラム

ギルナール山頂に須弥山を発見 宮田珠己

インド携帯事情 蔵前仁一

パタンのダブル・イカット職人を訪ねる 蔵前仁一

L・カーン設計のインド経営大学

ジュナガル

ピトラ画

ティーン・ダルワザ

ラバーリーの男たち

ポルバンダールの造船

祭りの女の子

ゲガルト修道院(撮影:渡邉義孝)

●巻頭写真レポート
開平望楼
中国広東省の農村に出現した西洋
 文・池彼方 / 写真・下嶋岳志

●読切紀行
アルメニア教会建築紀行
渡邉義孝

●アジアにこぼれた涙〈1〉
アフガントラックの絵師
石井光太

●読切エッセイ
流れ星国家の現代史
吉田一郎

●連載エッセイ
オンム・セティのエジプト
田中真知

相対的にハピネス
小川京子

●お知らせ●
旅行人は今号から
年2回の発行になります。
どうぞよろしくお願いします。

Pin It on Pinterest

Share This