旅行人157号グジャラート

¥1,080 (税込) 本体価格:¥1,000

インド、さらにその奥へ

グジャラートといっても、これまでインドを旅したことのない方には、あまりなじみのない地名だろう。インドを旅したことがあっても、グジャラートまで来た ことのある人は、それほど多くはない。その北のラージャスターンはガイドブックでも手厚く紹介され、数多くの旅行者が訪れる有名観光地だが、その先にある グジャラートとなると、旅行者の数はぐっと少なくなる。いや、ほとんどいないといってもいい。インドの宣伝に使われるポスターやパンフレットにも、グジャ ラートが登場することは滅多にない。
そんなマイナーなところを、あえて旅して、その様子を読者に紹介したいと思う。有名観光地でないインドとはどういうところなのか。外国人観光客のいないインドが、われわれ日本人旅行者をどう迎えてくれるのか。そして、グジャラートってほんとにおもしろいの?

説明

2008上期号》No.157
2007年年12月1日発売

ドワールカーナート寺院

ティーン・ダルワザ

グジャラートを旅する 蔵前仁一

アーメダバードに降り立つ
モダン建築の聖地アーメダバード
先住民のペインティングを探して
グジャラートの街々をバスでめぐる
カッチ地方の村をめぐる
再びアーメダバード

カッチ地方の手工芸

ラバーリー女性のミラー刺繍と羊毛ショール

上羽陽子

コラム

ギルナール山頂に須弥山を発見 宮田珠己

インド携帯事情 蔵前仁一

パタンのダブル・イカット職人を訪ねる 蔵前仁一

L・カーン設計のインド経営大学

ジュナガル

ピトラ画

ティーン・ダルワザ

ラバーリーの男たち

ポルバンダールの造船

祭りの女の子

ゲガルト修道院(撮影:渡邉義孝)

●巻頭写真レポート
開平望楼
中国広東省の農村に出現した西洋
 文・池彼方 / 写真・下嶋岳志

●読切紀行
アルメニア教会建築紀行
渡邉義孝

●アジアにこぼれた涙〈1〉
アフガントラックの絵師
石井光太

●読切エッセイ
流れ星国家の現代史
吉田一郎

●連載エッセイ
オンム・セティのエジプト
田中真知

相対的にハピネス
小川京子

●お知らせ●
旅行人は今号から
年2回の発行になります。
どうぞよろしくお願いします。

追加情報

大きさ 297 mm

Amazonで買う

『旅行人』取扱書店一覧


東 京


●丸善(株) 丸の内本店
〒100-0005
千代田区丸の内1-6-4 丸の内OAZO内
☎03-5288-8881
WEBSITE


●代官山 蔦屋書店
〒150-0033
渋谷区猿楽町17-5 代官山蔦屋書店3号館1F
☎03-3770-2525
WEBSITE


●MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-24-1 東急百貨店本店7F
☎03-5456-2111
WEBSITE


●紀伊國屋書店 新宿本店
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-17-7
☎03-3354-5705
WEBSITE


●ジュンク堂書店 池袋店
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-15-5
☎03-5956-6111
WEBSITE


●内山書店
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-15
☎03-3294-0671
WEBSITE


●旅の本屋のまど
〒167-0042
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1F
☎03-5310-2627
WEBSITE


大 阪


●MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町7-20 CHASKA茶屋町B1〜7F
☎06-6292-7383
WEBSITE


●梅田 蔦屋書店
〒530-8558
大阪市北区梅田3-1-3 ルクアイーレ9F
☎06-4799-1800
WEBSITE


●パルネット 狭山店
〒589-0013
大阪府大阪狭山市くみの木7-1175
☎072-365-5660
WEBSITE


兵 庫


●ジュンク堂 三宮店
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1-6-18
☎078-392-1001
WEBSITE


京 都


●ジュンク堂書店 京都店
〒600-8005
京都市下京区四条富小路
☎075-252-0101
WEBSITE


通 販


●ティラキタ
WEBSITE

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。

より良い商品の紹介 …

Pin It on Pinterest

Share This